長久手 名東区で整体 カイロプラクティック 骨盤矯正をお探しの方は
ご予約・問い合わせの際は、「ホームページを見た」とお伝えください。TEL:0561-76-8022

肘関節について

肘関節と言うと、野球肘やゴルフ肘などの痛みが一番に浮かぶと思います。

 

肘関節は、手首と肩関節を効率よく動かすためにもとても重要な役割をしています。

そんな肘について詳しく解説していきたいと思います。

肘関節の構造

肘は上腕骨尺骨(しゃっこつ)橈骨(とうこつ)で関節されています。

肘の関節は3つあります。

 

腕尺関節   

 上腕骨と尺骨で構成されています。

 上腕骨滑車と尺骨滑車切痕との間にある関節です。

 蝶番関節と言って、屈曲(肘を曲げる)・伸展(肘を伸ばす)を行なう。

 

腕橈関節   

 上腕骨と橈骨で構成されています。

 上腕骨小頭と橈骨上端関節面との間にある関節です。

 球関節と言って、肩関節と同じ形状をしています。

 屈曲・伸展・回内/回外(肘をねじる)を行ないます。

 

上橈尺関節  

 橈骨と尺骨の近位部で構成されています。

 車軸関節と言って、肘の回内・回外を行ないます。

 

肘関節の安定性

肘の安定性には、関節包内側・外側側副靭帯輪状靭帯が関わります。

腕尺関節と腕橈関節は関節包の周りを、内側・外側側副靭帯によって強力に補強

されています。

輪状靭帯は、上橈尺関節の安定性に大きく関わります。

尺骨の橈骨切痕を前から後ろに走行し、橈骨頭を包んで固定します。