長久手 名東区で整体 カイロプラクティック 骨盤矯正をお探しの方は
ご予約・問い合わせの際は、「ホームページを見た」とお伝えください。TEL:0561-76-8022

肩関節について

肩関節は構造上、大きな可動域(動き)があります。

 

肩関節は5つの関節があります。

①肩甲上腕関節

②胸鎖関節

③肩鎖関節

④肩甲胸郭関節

⑤肩峰下関節

 

①~③は真の関節で、④⑤は機能的関節です。

 

肩甲上腕関節

 肩甲骨の関節窩と上腕骨頭が関節している。

 人体で最も可動域が大きい関節ですが、障害も多い所です。

 球関節とも呼ばれます。

 肩甲骨の関節窩に対して、上腕骨頭が3~4倍ある為とても不安定であるが

 その分、可動域が広くなっている。

 それを補うために、肩甲骨の関節唇が補ったり、関節包や靭帯が弱いので、

 回旋腱板(インナーマッスルと呼ばれる棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋) 

 が肩関節の安定性を保っている。

 インナーマッスルの内、棘上筋は損傷しやすくケアが必要である。

 

胸鎖関節

 胸骨の胸骨柄と鎖骨近位部が関節している。

 腕などの上肢帯が唯一体幹と接している部分なのでとても重要。

 この関節は、胸骨柄の上に鎖骨が乗っているだけで不整合な関節であるが、

 関節円板や靭帯で補強されている。

 

肩鎖関節

 肩甲骨の肩峰と鎖骨遠位部が関節している。

 関節面は、平面状なので強力な靭帯(肩鎖靭帯・烏口肩峰靭帯・烏口鎖骨靭帯)

 によって固定されている。

 

肩甲胸郭関節

 肩甲骨と胸郭が機能的に関節している。

 あいだに、肩甲下筋と前鋸筋の結合組織がある為、胸郭に対して肩甲骨は

 自由に可動することが出来る。

 

肩峰下関節

 筋下包(肩峰下包と三角筋下包)で縁取られている機能的関節。

 

 

 
 

肩関節における関節包と靭帯の役割

関節包は、軟部組織で肩関節の安定性を保っています。

 

関節唇から上腕骨の解剖頸や大結節に付着しています。

肩関節の関節包は幅が広いですが、後面は薄く靭帯による補強もされていません。

 

前面は、3つの靭帯(上・下・内側関節上腕靭帯)によって補強され、上面は、

烏口上腕靭帯によって補強されている。

 

腕が両側に下がっている場合、関節包の下方は筋肉で補強されておらず、たるんで

腋窩陥凹を形成する。

この余分なヒダが腕を外転させる時に有用となります。

長い間、腕を動かさないでいると、腋窩陥凹は萎縮したり、癒着して閉鎖したりして

腕の運動を妨げます。(いわゆる五十肩の原因の1つになる)

 

 

滑液包とは

滑液包は、関節包の外側にある袋状のものです。

正常であれば、中に少量の液体が入っていて組織同士が摩擦で擦れないようにしたり、

損傷を防ぐようなクッションの役割をしています。

 

肩関節に多いのが、滑液包炎と呼ばれるもので、スポーツや過度に肩を使いすぎる事により、

滑液包が炎症を起こし、中に水がたまり痛みの原因となります。

 

 

回旋腱板(ローテーターカフ)

上記でも記載したように、肩関節は関節面が不安定な為、安定性を筋肉によって

補っている。

特に重要な筋肉(インナーマッスル)を回旋腱板と言い4つある。

①棘上筋②棘下筋③小円筋④肩甲下筋である。

 

棘上筋

 起始 棘上窩   停止 大結節

 作用 肩関節の外転

 神経支配 肩甲上神経(C4ーC6)

 

棘下筋

 起始 棘下窩   停止 大結節

 作用 肩関節の外旋

 神経支配 肩甲上神経(C4-C6)

 

小円筋

 起始 肩甲骨外側縁   停止 大結節

 作用 肩関節の外旋・弱い内転

 神経支配 腋窩神経(C5,C6)

 

肩甲下筋

 起始 肩甲下窩   停止 小結節

 作用 肩関節の内旋

 神経支配 肩甲下神経(C5-C8)

 

慢性期の五十肩や肩の痛みには、これらのチューブなどを使ったトレーニングが

必要かもしれない。

 

 

他の肩に関係する筋肉

・三角筋

 起始 ①前部 鎖骨外側3分の1    停止 上腕骨の三角筋粗面

    ②中部 肩峰

    ③後部 肩甲骨の肩甲棘

 作用 ①前部 上腕の前方挙上(上腕と肩を前に押し出す)、内旋、内転

    ②中部 上腕の外転

    ③後部 上腕の後方挙上(上腕と肩を後方に引く)、外旋、内転

    ※60度~90度の外転位では、前部と後部は中部の外転作用の補助 

     を行なう。

     60度以下では、前部と後部は内転の作用がある。

 神経支配 腋窩神経(C5・C6)

 

・広背筋

 起始 胸椎7-12の棘突起、腰椎仙椎の棘突起と胸腰筋膜

    腸骨稜の後部3分の1、第9-12肋骨

    肩甲骨の下角

 停止 小結節稜

 作用 上腕の内旋、内転、伸展、呼吸補助

 神経支配 胸背神経(C6-C8)

 

・大円筋

 起始 肩甲骨の外側縁  停止 小結節稜

 作用 上腕の内旋、内転、伸展

 神経支配 肩甲下神経(C5-C8)

 

・前鋸筋

 起始 第1~9肋骨  停止 肩甲骨の内側縁

 作用 肩甲骨を前下方に引く、上肢帯が固定されていれば肋骨の挙上

    下部繊維は、肩甲骨下角を前外方に引く(関節窩を上方に回転させる)

    上部繊維は、挙上した腕を下げる(下部の拮抗)

 神経支配 長胸神経(C5-C7)

 

・鎖骨下筋

 起始 第1肋骨(肋軟骨結合部)  停止 鎖骨下面(外側3分の1)

 作用 胸鎖関節で鎖骨を安定に保つ

 神経支配 鎖骨下筋神経(C5・C6)

 

・小胸筋

 起始 第3-5肋骨  停止 烏口突起

 作用 肩甲骨を引き下げ、下角を後内側に引く(挙上した腕を下す)

    関節窩を下方に回す。

 神経支配 内側・外側胸筋神経(C6-T1)

 

・上腕二頭筋

 起始 長頭 肩甲骨の関節上結節  短頭 烏口突起

 停止 橈骨粗面

 作用 肩関節の屈曲、外転、内旋

    肘関節の屈曲、回外

 神経支配 筋皮神経(C5-C7)

 

ペインフルアークとは

腕を外転(横に持ち挙げた時)した際に、60度~120度で肩の痛みや違和感を感じる事です。

なぜ起こるかというと、回旋腱板の1つである棘上筋腱が石灰化し肥厚し、外転した際に、内側に移動し肩峰の下で肩峰下包を圧迫(インピンジメント)を起こすためである。

 

棘上筋は、最初の腕の持ち上げ(外転)10度までに強く関わる。     

また上腕骨頭を押さえつけておく役割もある為、弱くなったり・損傷しても問題がでてしまう。

棘上筋は、回旋腱板の中で一番損傷しやすい部位です。

 

 

肩甲上腕リズム

肩の外転に対して、上腕骨と肩甲骨の運動の比率が2:1になる現象を言う。

上腕骨が2度外転すれば、肩甲骨は1度上方回旋する。

例えば、外転90度の時は、上腕骨が60度・肩甲骨の上方回旋が30度となる。

なんらかの障害がある時、このリズムが失われる。

五十肩の場合は、ほとんどこのリズムが悪くなっている。