長久手 名東区で整体 カイロプラクティック 骨盤矯正をお探しの方は
ご予約・問い合わせの際は、「ホームページを見た」とお伝えください。TEL:0561-76-8022

胸郭について

胸郭とは、脊骨胸骨12対の肋骨から構成される鳥カゴのようなものである。

これらの骨は、靭帯・真関節・軟骨性結合によって可動性に連結されている。

胸郭全体の張力は、肋間筋と横隔膜により行われる。

 

胸骨

胸骨は平たい扁平骨で、わずかに前方に凸で外側縁には複数のくぼみ(肋骨切痕)がある。

成人の胸骨は3つの骨部からなる。

①胸骨柄  ②胸骨体  ③剣状突起

 

胸骨柄

胸骨柄の上縁には、頸切痕があり、その左右には鎖骨が関節する鎖骨切痕がある。

そのすぐ下には、第一肋骨が軟骨性に結合するくぼみがある。

 

胸骨柄と胸骨体の結合部には第二肋骨の関節面がある。

その部分を胸骨角と言う。胸骨体に対して胸骨柄がわずかに後屈している。

 

胸骨体

胸骨体の外側縁には、第3~第7肋軟骨が関節する。

第6・7肋軟骨が付着する部分は非常に狭くなっている。

 

剣状突起

胸骨の一番下の突起。肋骨とは関係しない。

 

肋骨

左右対称で12対ある。

第1ー7肋骨は真肋と呼ばれる。(胸骨と直接関節する)

第8ー12肋骨は仮肋と呼ばれる。

(第8-10肋骨は胸骨とは直接関節せず、肋骨弓を形成する。

 第11・12肋骨は浮遊肋と呼ばれる。)

 

肋骨は、椎体部分から①肋骨頭 ②肋骨頸 ③肋骨結節 ④肋骨角

          ⑤肋骨体 ⑥肋軟骨  胸骨に付着する。

 

肋骨と背骨も関節していて、2つの関節がある。

①肋骨頭関節  ②肋横突関節

 

①肋骨頭関節

第1・11・12肋骨頭は、それぞれ胸椎1・11・12番と関節する。

第2-10肋骨頭は、上下の椎体の上肋骨窩と下肋骨窩と椎間円板と関節する。

 

②肋横突関節

第1-10肋骨は肋骨結節と対応する胸椎横突起の横突肋骨窩と関節する。

第11・12肋骨は対応する横突肋骨窩がない為、関節していない。

     

 

胸郭の役割

臓器などの保護

呼吸システム

 

大きく分けると上記の2つになります。

 

①臓器などの保護

胸郭は心臓や呼吸に重要な肺を保護しています。

 

その他、気管・食道、迷走神経・横隔神経・心臓神経、大動脈・大静脈・リンパ管

などを保護しています。

 

②呼吸システム

胸郭は、人にとって欠かす事の出来ない呼吸に深く関わってくる。

 

呼吸と言えば、パッと思いつくのは肺だと思います。

肺は空気の出し入れで伸びたり縮んだりするように思われがちですが、実際は

そうではありません。肺そのものに自動的に動く仕組みはなく、肺を収容している

胸郭の容積が変化することで、間接的に伸ばされたり、縮んだりしています。

 

どのように胸郭の容積を変化させるかと言うと…

横隔膜を下げる事による腹式呼吸と肋間筋と言う筋肉を使って肋骨を上げる胸式呼吸の方法があります。

 

安静時の呼吸の大部分が腹式呼吸だが、努力性呼吸(酸素が多くいる時)の時は

胸式呼吸を多く使用する。

 

<まとめ>

 胸郭には呼吸に必要な肺と心臓がしまってある。

 

肺は自動的に動くことが出来ない為、胸郭の容積が変化しないといけない。

胸郭が正常に動く為には、背骨(胸椎)・肋骨・胸骨・筋肉が正常な可動性が

ないといけない。